1月12日 ANGGAME China vs SEA #3 – Southeast Asia Qualifier 3日目 途中結果

    ANGGAME China vs SEA #3 – Southeast Asia Qualifier 3日目 途中結果


    1月12日より

    YOSHIMOTO DETONATORのANGGAME China vs SEA #3 – Southeast Asia Qualifier3日目が行われました。

     

    vs 「ARK.Gaming」

    第1ゲーム

    今回YOSHIMOTO DETONATORは「Benhur」選手のOutworld Devourerの軸にして中盤以降に集団戦を制するのを得意とするヒーロー構成で挑んだ。

    ゲーム時間9分まではお互いレーンのでキルの取り合いが行われる形のキルゲームが行われて均衡していたが、10分30秒にYOSHIMOTO DETONATOR陣営がミッドのファーストタワーに攻め込み、守りに来たARKGaming陣営のヒーローを

    このゲームで重要な位置にあった「Benhur」選手のOutworld Devourerがトリプルキルを取る形で優位な形でゲームを進行していった。

    一度優位を取ったYOSHIMOTO DETONATORはマップ上どこにでもテレポートできる「SamH」選手の使うNatureProphetと機動力の高い「ragingpotato」選手の使うSlarkがマップ上で次々にARKGaming陣営のヒーローを見つけ出し1人を複数で奇襲をかけることに

    成功していった。

    ゲーム時間19分時点で、ARKGaming陣営がファームできる場所を失い、かつゴールド差が20000以上離れOutworldDevourerとSlarkをこれ以上止めるのは困難とみて、20分にラックスを割られるとGGコールをして勝利。

    第2ゲーム

    今回はレーニングフェイズでのキルの取り合いが行われ、ゲーム時間10分の間に1分に1キル起こるほどのキルゲームの展開になっていた。

    YOSHIMOTO DETONATORはBenhur選手の扱うTinyが先に他のレーンへ圧力をかけるとARKGaming陣営のDazzleというヒーローが味方のHPを0以下にしないスキルをしようして、味方をギリギリのところまで生かして反撃するという形でのキルゲーム内容だった。

    しかし、18分時点でragingpotato選手が使うJuggernautがARKGaming陣営のTrollWarloadをソロキルすることに成功し、カバーに来たヒーロー次々倒すことに成功し、1本目のラックスを取ることに成功し優位をとった。

    その後も確実にオブジェクトを占領していくことに成功したYOSHIMOTO DETONATOR陣営はマップの支配権をえることに成功し、ARKGaming陣営が全く身動きできなくさせる状況にすること成功し、38分にARKGaming陣営のGGコールによって勝利。

     

    結果は2勝0敗でした。

    ただいま YOSHIMOTO DETONATOR は9戦7勝3敗で現在5位という途中結果になっております。

     


    YOSHIMOTO DETONATOR FaceBook配信アーカイブ

     

    2019年01月13日

    関連する人気記事