【FORTNITE】10月7日”DETONATOR塾 FORTNITE編”を開催!

    “DETONATOR塾 FORTNITE編”を開催!


    <主旨・目的>
    幼少の頃のそろばん、習字、ピアノ、水泳などの習い事としての位置で
    日頃のプレイを少しでも楽しめるように上達するカリキュラムを組み、
    フォートナイトのコツやゲームを楽しむためのマナーやモラルを教えることで
    その結果、頑張ることによっての成長の経験を体感してもらい努力をすることでの達成感や
    ゲームへの理解を広げたい想いでこの企画を考えました。

    今回の企画はプロプレイヤーを育てる企画ではありません。
    ゲームを通じてのDETONATORとして伝えたい事を地道に行うグラスルーツな活動の一環です。

    最初は少人数でテストケースとして考えております。
    親子での参加、親1名・お子様1名の1組で最大3組を考えております。

    今後は内容によりクラス分けも考えております。

    1セッション2時間程度(休憩込み)

    1.ご挨拶、主旨説明10分
    2.ゲームプレイ40分
    3.休憩10分
    4.ゲームプレイ40分
    5.意見交換、質疑応答20分
    大まかな流れになります。

     

    <デトネーター塾情報>

    対象ゲーム:フォートナイト(PC版)

    開校日:2018年 10月7日(日)

    時間:13時~15時(休憩あり)

    月謝:5000円(1組)

    応募人数:最大親子3組(親1名、子1名が1組)
    小学生1年生~中学生3年生まで

    場所:DETONATORオフィス(最寄り駅:浅草橋)

    募集期間:こちらでの審査後、決まり次第終了になります。
    注:決まり次第、DETONATOR公式Twitterにて終了の告知をします。

    DETONATOR公式Twitter

     

    <応募について>

    応募方法:DETONATORオフィシャルサイト CONTACT からの応募

    名前、メール、件名(”その他”を選択)の必要事項を記入後
    内容の項目に下記をテンプレートとして利用しご記入をお願い致します。

    対象:フォートナイト(PC版)
    1.参加者氏名:親(参加される方)、お子様
    2.参加者年齢:親〇〇歳、お子様〇〇歳と学年
    3.フォートナイトプレイ歴:親〇〇ヵ月、お子様〇〇ヵ月(経験がなければ無し)
    4.現状のスキルレベルの確認:ビクロイできない・たまにビクロイ・たくさんビクロイ
    5.Twitterアカウント:@〇〇〇〇
    6.意気込み・メッセージ:ご自由にご記入ください

    ご応募はコチラから→CONTACT

    注)当選メールをもって発表とさせていただきます。すべての方に返信出来かねることをご理解の上ご応募宜しくお願い致します。

     


    講師:YamatoN先生

    コメント:

    YamatoNです、本当の先生になる機会が出来光栄です。

    上達を得ず只気ままにプレーするゲームも楽しいですが、
    そこに上達が伴えば更にゲーム自体が楽しくなります。

    自分のプレーしている際の練習方法やノウハウから、
    普段何気なくプレーをしている『フォートナイト』というゲームタイトルの要素を
    分かりやすく可視化し、伝え、上達の手助けをしたいと思っています。

    配信等でも質問には答えることは出来ますが、
    少人数できっちり教えることが出来る場はそうそうないので、
    素晴らしい体験になるように頑張らさせて頂きたいと思います。

    更に楽しむために更に上手くなりましょう!

    宜しくお願い致します。

     

    助手:Killme

    コメント:

    デトネーター塾の講師YamatoNさんの助手として参加します。
    参加いただいた方にはゲームを上手くなっていくことの楽しさを伝えるため、全力を尽くしますので是非ご参加ください!


     

    DETONATOR代表 江尻より

    最後にお伝えしたい事として

    ゲームを通して根気強く練習する、練習することでの目標達成を経験してほしい気持ちがあります。
    気軽にゲームを楽しみつつルールやモラルも理解してもらうつもりです。

    まずは親子での参加を促し、ゲームに対する理解や家族のコミュニケーションとしてのきっかけ作りとしても
    考えました。

    私たちがまずやらなければならないのは、もっと”ゲーム”の理解を得ることです。

    メンバーも講師になることで、新しい価値観も発見できると思います。

    長く愛される企画、塾になるように地道に進めていきたいと考えております。

    ご応募お待ちしております。

    2018年08月29日

    関連する人気記事