最強ゲーミングデバイス


    【AVA】Darkよっぴー:引退について

    引退

    2010年からDeToNatorを支えてくれたDarkよっぴーは、AWC2015が最後の大会になります。

    今後は、出来る範囲でチームのコーチングで、新たな形での活動になると思います。

    引退について

    DeToNatorのDarkよっぴーは本日をもって、
    AVAの選手活動に区切りをつけたいと思います。

    振り返ってみると、オンラインゲームを始めたのがちょうど10年前で、
    当時中学生だった僕はただただプレイするのが楽しく、
    毎日学校が終わったらひたすらにプレイしていたのを覚えています。
    AVAに出会ったのは18歳のときで、通っていた専門学校の友達を
    巻き込みながら、空いている時間のほとんどをAVAに費やしていました(笑)
    DeToNatorのマネージャーのMaxJamさんと知り合ったのもこのときでしたが、
    当時はまさか、このような形でプロゲーミングチームとして活動していくとは
    思ってもいませんでしたね。

    DeToNatorに加入してからはチームメンバーの力もあり、
    さまざまな大会で勝ち抜くことができました。
    韓国・台湾・中国・ルーマニアと飛び回り、
    各地の環境にどぎまぎしながら、国際大会に挑んだこともありました。
    ここ数年はAVAのネットカフェキャラバンでゲストとして参加し、
    全国各地のユーザーさんと実際に会って交流をさせていただきました。

    ほかにもたくさん思い出はありますが、今になって思うのは
    AVAとDeToNatorに出会い、貴重な経験をさせてもらえていたんだなと思います。
    ゲームをプレイしていてよかったと、心から思います。
    たくさんの人に支えられて、ここまでやってこれました。
    すごい力になりました。本当にありがとうございました。

    これからDeToNatorは新体制となり、また新たなステージに進むことになります。
    僕にはできなかった世界一という座に立ち、新たな歴史を築いてくれると信じています。
    皆さん、これからもDeToNatorの応援をよろしくお願いします。

    ありがとうございました。

    2015年12月24日

    関連する人気記事