現在配信中のメンバー Twitch特設サイトへ

BENQ XL2420TE × Saih4tE

XL2420T_Left45_1_PNG
BENQの液晶ディスプレイ「XL2420TE」のレビューです。

今回BenQ様より、新商品のXL2420TEを提供して頂けることになりました。

新商品のXL2420TEが、実際どういうものなのか。興味を持たれている方、購入しようか迷ってい
る方の参考になればと思い、レビューを書かさせてもらいました。

 XL2420TEは、XL2420Tモデルの後継機になります。実際にXL2420Tを持っておられる方には、XL2420T+新しい機能が加わったと思ってもらえたほうが分かりやすいと思います。では、XL2420TEはどんな機能を持ったディスプレイなのかXL2420Tと比較しながら、読んで頂いてる皆さんに説明したいと思います。

まずは、私が使用してみた感想を・・・

XL2420TEを実際に使ってみて、一言でいうと「完成度が非常に高いディスプレイ」だと感じました。私は、[Alliance of Valiant Arms]や[BATTLEFIELD]など通称「FPSゲーム」を主体にプレイしています。その中で、このディスプレイはさまざまな機能があり、快適にゲームをプレイすることが出来ます。
 例えば、Black eQualizerという機能は、暗いような場所でも明るさを自動で調整し、敵を見つけやすくします。A.V.Aでも、暗い場所はあり以前のディスプレイだったら暗くて見えづらかった場所でも、今でははっきりと見えます。 また、XL2420TEで追加された機能は大まかに3つありXL2420Tに比べ、さらに使いやすくそして便利になっています。
 一つはリフレッシュレートが144Hzとなっていることです。ゲームを進めていく上で役に立ち、敵が隠れていないか確認しながら(クリアリング)進むときも、画面がスムーズに動き、違和感なくクリアリング出来ました。
 二つ目には、応答速度が1msになったことです。FPSゲームは一瞬の差が勝負を決めるので、ディスプレイを選ぶ際に応答速度は重要視されます。ゲームをプレイしていて敵と対面した時に打ち勝てる場合が前に比べて多くなり、応答速度の向上を実感しています。
 最後は、フリッカーフリーバックライトです。私は、ゲーム以外でもPCを長時間使用する場合が多く、長時間使ったときは疲労感を感じることもありました。しかし、この「XL2420TE」を使用してからは、目への負担が軽減してると感じてます。
 上記に書いた、機能以外にもいろいろな機能があります。これからFPSゲームをやってみようと思う初心者方でも簡単にプロゲーマーのディスプレイ設定をできるようになっている点や今までFPSをプレイしてきた中級者や上級者の方々でも自分用にカスタマイズできるようになっていたりと幅広いゲーマー層に使われるよう工夫がされています。
 私自身、「XL2420TE」をこれから愛用していきたいと思っています。プレイ環境を少しでも変えてみたいと思っている人は、ぜひ使ってみてほしいと思います。

【気になる機能の解説】

◆フリッカーフリーバックライト◆
 まず、フリッカーとは、ディスプレイに生じる細かいチラつき現象のことです。フリッカーが起こっている状態で、長時間の使用を行うと疲労・目眩などの症状を起こします。
 XL2420TEでは、BenQ様独自の回路制御を使用していて、バックライトで発生するフリッカーを取り除き、液晶ディスプレイの長時間したことで起こる目の疲れが軽減すると思います。
☆フリッカーフリー特設サイトがございます!コチラから⇒フリッカーフリー特設サイト

◆リフレッシュレートが144Hz◆
 リフレッシュレートとは、単位時間あたりにどれだけリフレッシュするかの値です。つまり、60Hzなら1秒あたりリフレッシュする回数が60回、120Hzなら120回です。リフレッシュレートが高いと、チラつきが減少し見やすくなり、動画が滑らかになります。また、動画だけでなくゲームでも実感することが出来、快適にプレーすることが可能になります。
 TL2420TEでは、144Hzに対応しており、よりスピーディな映像を映すことが出来るようになっています。

◆応答速度が1ms(G to G)◆
 BenQ様独自の高速応答テクノロジーAMA(Adranced Motion Accelerator)を内臓しています。ゴーストやラグのない滑らかな映像を得ることが可能になりました。XL2720Tから応答速度が(G to G)では1ms(黒→白→黒)は5msになり、XL2420TEでも受け継がれています。OSDメニューでのAMA設定では、「オフ」・「高い」・「プレミアム」の3つがあり「プレミアム」の設定が応答速度(G to G)1msになるようになっています。

◆Black eQualizar◆
 FPSモードで設定することが出来ます。従来のディスプレイでは、ガンマ値や輝度、コントラストを設定することで、画面を明るくしてゲームをプレイしたりするのが普通でした。しかし、明るすぎると、目が疲れやすくなり悪い影響しかありません。
 この設定の利点は、ゲーム中の見えにくい暗所を明るくして障害物や隠れている敵をすばやく見つけやすくし、また明るい場所は明るくなりすぎないようにすることが出来るのです。これを使えば、複雑な設定をせずともそれぞれのゲームに合った明るさに調節可能です。